What's New
Lesaさんの論文アクセプト

Lesaさんの論文アクセプト

Lesaさんの南アフリカにおけるニワトリのDDT類およびその 代謝物に関する論文がアクセプトされました。 Thompson LA, Ikenaka Y, Yohannes YB, van Vuren JJ, Wepene…

2017年7月11日
受賞報告です

受賞報告です

学会発表での受賞や各種受賞を頂きましたので、ここでご報告いたします。 研究にご尽力・ご協力を頂いた多くの関係者・共同研究者の皆さまに感謝申し上げます。   ◆武田一貴、池中良徳、田中和之、谷川力、中山翔太、水川…

2017年6月14日
HPリニューアル

HPリニューアル

2017年も1カ月が過ぎようとしていますが、遅くなりましたが 今年も宜しくお願い致します。 新年になり、色々とHPを刷新しました。 FACEBOOKを中心に据えたり(http://tox.vetmed.hokudai.a…

2017年1月24日
Dr. Noha(Cornell大学)を囲んでのラボセミナー

Dr. Noha(Cornell大学)を囲んでのラボセミナー

  獣医学研究科リーディングプログラムにおいてCornell大学のDr. Noha Abou-Madiを招聘し、第18回リーディングセミナーが開催されました。Dr. Nohaには、研究科全体を対象とした上記のリ…

2016年10月7日
シンポジウムを開催します

シンポジウムを開催します

南アフリカの共同研究者3名が来日し、シンポジウムを開催します。 6月1日(水)北海道 大学獣医学部第二実習室 「Rick evaluation of DDT IRS to the ecosystem and the hu…

2016年5月30日
論文3報が受理されました。

論文3報が受理されました。

論文3報が受理されました。 この場をお借りしまして、共著の皆様、試料提供にご協力くださいました方々、分析等でご協力くださいました方々に厚くお礼申し上げます。 1.Mizukawa H, Nomiyama K, Nakat…

2015年12月15日
論文7報が受理されました。

論文7報が受理されました。

久々の更新です。下記の論文7報が受理されました。 サンプルのご提供など、私達の研究にご協力頂いた方々に感謝致します。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 Nakata H*, Nakayama SMM*, Yabe…

2015年10月8日
論文が2報受理されました。

論文が2報受理されました。

鳥類および鰭脚類の異物代謝に関する論文が受理されました。 Watanabe KP, Kawata M, Ikenaka Y, Nakayama  SMM, Ishii C, Darwish WS, Saengtiench…

2015年7月2日
第24回環境化学討論会に参加します。

第24回環境化学討論会に参加します。

2015年6月24日~26日に札幌コンベンションセンターで開催される第24回環境化学討論会において、下記の演題発表を行います(共同研究も含む)。 これに伴い、学会発表一覧も更新しました。合わせてご覧ください。 &nbsp…

2015年6月1日
論文が受理されました。

論文が受理されました。

下記の論文が受理されました。 2015年度の論文一覧も更新しました。 Bortey-Sam N*, Nakayama  SMM*, Ikenaka Y, Akoto O, Baidoo E, Mizukawa H, Is…

2015年6月1日
論文4報が受理されました。

論文4報が受理されました。

下記4つの論文が新たに受理されました。 2015年度の論文一覧も更新しています。 Darwish WS, Nakayama SMM, Itotani Y, Ohno M, Ikenaka Y, Ishizuka M. M…

2015年5月15日
論文がアクセプトされました。

論文がアクセプトされました。

しばらくぶりの更新となりますが、本年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。 表題の通り、ピレンを指標とした魚類のPAHs代謝能の種差に関する論文が、Environmental Toxicology and Pharmac…

2015年4月7日
南アフリカおよびモザンビークでのサ ンプリング

南アフリカおよびモザンビークでのサ ンプリング

池中准教授とLesaさん(博士課程1年)が南アフリカおよびモザンビークでのサンプリングを行いました。 以下に内容報告を記載致します。 【渡航先】 南アフリカ共和国・モザンビー ク(1月30日~2月12日) 【渡航目的】 …

2015年2月12日
論文がアクセプトされました

論文がアクセプトされました

ザンビア大学のJohn Yabe氏との共同研究の論文がChemosphere誌にアクセプトされました。 Yabe J*, Nakayama SMM*, Ikenaka Y, Yohannes YB, Bortey-Sam…

2014年9月16日

▲このページの先頭へ