受賞

 

学会発表における受賞

  1. 新屋惣、池中良徳、中山翔太、石井千尋、水川葉月、伊藤真輝、高江洲昇、大澤夏生、綿貫豊、石塚 真由美、エストロジェン類高感度分析法の開発と野生動物におけるスクリーニング、第23回日本野生動物医学会大会、2017年9月1日~3日、日本獣医生命科学大学、武蔵野市、東京都(ポスター発表、最優秀賞)
  2. Collins Nimako, Yoshinori Ikenaka, Osei Akoto, Mayumi Ishizuka, Nester Bortey-Sam、Quantification of Urinary Neonicotinoids in Patients of three Hospitals in Kumasi, Ghana、9th International Toxicology Symposium in Nigeria、2017年9月7日~8日、University of Benin, Benin, Nigeria、(口頭発表、受賞)
  3. Takamitsu Kondo, Yoshinori Ikenaka, Shouta M.M. Nakayama, Yusuke K. Kawai, Hazuki Mizukawa, Yoko Mitani, Kei Nomyama, Shinsuke Tanabe, Mayumi Ishizuka、UDP-glucuronosyltransferase (UGT) 2B genetic feature and activities in Carnivores、9th International Toxicology Symposium in Nigeria、2017年9月7日~8日、University of Benin, Benin, Nigeria(口頭発表、受賞)
  4. Claire M Edwards, Yoshinori Ikenaka, Aksorn Saengtienchai, Mayumi Ishizuka, Johan HJ van Vuren, Richard Greenfield、Novel sequencing of genes in a South African sentinal fish species、9th International Toxicology Symposium in Nigeria、2017年9月7日~8日、University of Benin, Benin, Nigeria(ポスター発表、受賞)
  5. Tetsuro Ogawa, Yoshinori Ikenaka, Yared B Yohannes, Lesa Thompson, Johan van Vuren, Victor Wepener, Nico J Smit, Wynand Vlok, Shouta M.M. Nakayama, Hazuki Mizukawa, Mayumi Ishizuka、Wild rat’s bio-distribution analysis for pesticide DDT from South Africa、9th International Toxicology Symposium in Nigeria、2017年9月7日~8日、University of Benin, Benin, Nigeria(ポスター発表、受賞)
  6. Kazuki Takeda, Yoshinori Ikenaka, Tsutomu Tanikawa, Kazuyuki D. Tanaka, Shouta M.M. Nakayama, Hazuki Mizukawa, Mayumi Ishizuka、Nobel investigation of mechanism of rodenticide resistance ~ enhanced pentose phosphate pathway causes rapid metabolism of warfarin ~、The 5th Sapporo Summer Seminar for One Health (SaSSOH)、2017年9月20日~21日、Hokkaido University, Sapporo, Japan、(口頭発表、受賞)
  7. Kraisiri Khidkhan, Hazuki Mizukawa, Kei Nomiyama, Yoshinori Ikenaka, Shota M. M. Nakayama, Nozomu Yokoyama, Kazuyoshi Sasaoka, Osamu Ichii, Mitsuyoshi Takiguchi, Hiroyuki Nishikawa, Keisuke Tanaka, Kohki Takiguchi, Shinsuke Tanabe, Mayumi Ishizuka. Inveatigation of biochemical changes in cat exposed organohalogen compounds. the 19th International Symposium on Pollutant Responses in Marine Organisms (PRIMO 19). 2017年6月30日~7月3日、Ehime University, Matsuyama, Ehime(ポスター発表、受賞)
  8. 武田一貴、池中良徳、田中和之、谷川力、中山翔太、水川葉月、石塚真由美、In situ肝灌流試験によるワルファリン抵抗性クマネズミでのワルファリン代謝能の解明、第26回環境化学討論会、2017年6月7日~9日、静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」、静岡市、静岡県(ポスター発表、優秀発表賞)
  9. 髙口倖暉、野見山桂、西川博之、水川葉月、田上瑠美、芳之内結加、横山望、市居修、滝口満喜、中山翔太、池中良徳、石塚真由美、岩田久人、国末達也、田辺信介、PCBs曝露がイヌ・ネコの甲状腺ホルモン恒常性へ及ぼす影響、第26回環境化学討論会、2017年6月7日~9日、静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」、静岡市、静岡県(口頭発表、Royal Society of Chemistry(RSC)賞)
  10. 田中啓介、野見山桂、水川葉月、髙口倖暉、田上瑠美、Aksorn Saengtienchai、Tsend-ayush Sainnoxoi、横山望、市居修、滝口満喜、中山翔太、池中良徳、石塚真由美、国末達也、田辺信介、イエネコのin vivo長期曝露試験:デカブロモジフェニルエーテル(BDE209)の生体内変化、第26回環境化学討論会、2017年6月7日~9日、静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」、静岡市、静岡県(口頭発表、優秀発表賞)
  11. 高本亜希子、池中良徳、吉本圭佑、福島聡、石塚真由美、吉赫哲、石橋康弘、有薗幸司、ペットボトル飲料中農薬の分析と食品安全性評価、環境ホルモン学会第19回研究発表会、2016年12月8日~9日、文部科学省 研究交流センター、つくば(優秀ポスター賞)
  12. Takaguchi, Kohki, Nomiyama, Kei, Eguchi, Akifumi, Claret, Lauan Maria, Kusaki, Momoko, Yoo, Jean, Mizukawa, Hazuki, Iwata, Hisato, Kunisue, Tatsuya, Tanabe, Shinsuke; Disruption of mitochondrial functions by PCB exposure in the dog brain: Toxicological assessment using cross omics, The 9th International PCB Workshop, 12th October, 2016, Kobe (Special Award)
  13. Masao Togao, Shouta M.M. Nakayama, John Yabe, Hokuto Nakata, Yoshinori Ikenaka, Chihiro Ishii, Yared B. Yohannes, Hazuki Mizukawa, Wageh Sobhy Darwish, Aksorn Saengtienchai, Mayumi Ishizuka, Is there species difference of biological variation of lead (Pb) isotopic composition between livestock and poultry?, 29th-31st August, 2016, Giza, Egypt (Poster Award)
  14. 武田一貴、池中良徳、田中和之、谷川力、中山翔太、水川葉月、石塚真由美、東京由来ワルファリン抵抗性クマネズミクローズドコロニーでのワルファリン体内動態の解明、第43回日本毒性学会学術年会、2016年6月29日~7月1日、ウインクあいち、愛知(優秀研究発表賞)
  15. 横山 望, 大田 寛, 水川 葉月, 賀川 由美子, 中山 翔太, 佐々木 東, 森下 啓太郎, 中村 健介, 池中 良徳, 石塚 真由美, 滝口 満喜、犬の慢性腸症における血中微量元素プロファイルの解析、第12回日本内科学アカデミー学術集会、2016年2月19日~21日、パシフィコ横浜、神奈川(口頭発表、奨励研究アワード)
  16. 武田一貴、池中良徳、田中和之、中山翔太、谷川力、水川葉月、石塚真由美、野生齧歯類におけるワルファリン抵抗性獲得機序の解明、第24回環境化学討論会、2015年6月24日~26日、札幌コンベンションセンター、北海道 (最優秀学生賞)
  17. Nesta Bortey-Sam, Yoshinori Ikenaka, Osei Akoto, Shouta M.M. Nakayama, Jemima Marfo, Hazuki Mizukawa, Mayumi Ishizuka, Concentrations of polycyclic aromatic hydrocarbon metabolites (OH-PAHs) in domestic animal in Kumasi, Ghana. 24th Symposium on Environmental Chemistry, 24th-26th June, 2015, Sapporo Convention Center, Hokkaido, Japan (優良学生賞)
  18. 大坪栄二郎、平野剛史、上野大介、染谷孝、長坂洋光、楢崎幸範、稲波修、水川葉月、藤野毅、渡邉泉、亀田豊、龍田希、仲井邦彦、トビケラウオッチ-水生昆虫を用いた河川環境の放射能調査、平成26年度廃棄物資源循環学会九州支部・研究ポスター発表会、2014年5月17日、福岡大学、福岡(優秀学生賞)
  19. 石井千尋、池中良徳、中山翔太、水川葉月、齊藤慶輔、渡邊有希子、田辺信介、野見山桂、林光武、増田泰、坂本健太郎、石塚真由美、日本に生息する猛禽類における鉛汚染状況の解析、第23回環境化学討論会、2014年5月14日~16日、京都大学、京都(優秀学生賞)
  20. 平野剛史、上野大介、染谷孝、長坂洋光、楢崎幸範、稲波修、水川葉月、藤野毅、渡邉泉、龍田希、仲井邦彦、-トビケラウォッチ- 被災地における水生昆虫をもちいた放射能モニタリング、第23回環境化学討論会、2014年5月14日~16日、京都大学、京都(SETAC賞)
  21. Nesta Bortey-Sam, Osei Akoto, Yoshinori Ikenaka, Shouta M.M. Nakayama, Elvis Baidoo, Mayumi Ishizuka, Distribution of toxic metals in organs of free range chicken, goat and sheep near gold mines in Tarkwa, Ghana. 5th International Toxicology Symposium in Africa, 2013/Sep/12-13, Kwame Nkrumah University of Science and Technology, Kumasi, Ghana(優秀ポスター発表賞)
  22. Yared B. Yohannes, Yoshinori Ikenaka, Shouta M.M. Nakayama, Mayumi Ishizuka. OCPs profiles in Birds and Their Prey from Ethiopian Rift Valley Region. 6th SETAC Africa Conference, 2nd-3rd Sep, 2013, Intercontinental Hotel Lusaka, Lusaka, Zambia(優秀研究発表賞)
  23. John Yabe, Shouta M.M. Nakayama, Yoshinori Ikenaka, Yared B. Yohannes, Nesta Bortey-Sam, Balazs Oroszlany, Kaampwe Muzandu, Kennedy Choongo, John Ntapisha, Aaron Mweene, Abel Kabalo, Koji Arizono, Takashi Umemura, Mayumi Ishizuka, Lead poisoning in children from townships in the vicinity of a lead-zinc mine in Kabwe, Zambia. 6th SETAC Africa Conference, 2nd-3rd Sep, 2013, Intercontinental Hotel Lusaka, Lusaka, Zambia(優秀研究発表賞)
  24. 渡邉研右、川合佑典、河田みなみ、池中良徳、石塚真由美、鳥類CYP遺伝子の網羅的同定・分類と、ニワトリの異物代謝で重要なシトクロムP450分子種の特定、平成25年度(2013年度)P450とUGT/SULT研究会、2013年6月1日~2日、フェニックス・シーガイア・リゾート、宮崎(優秀発表賞)
  25. Yared B. Yohannes, Yoshinori Ikenaka, Shouta M.M. Nakayama, Aksorn Saengtienchai, Kensuke Watanabe, Mayumi Ishizuka, Bioaccumulation levels of organochlorine pesticides in fish species from Ethiopian Rift Valley Lake Ziway, Ethiopia, SETAC Asia/Pacific Annual Meeting 2012, 24th -27th September, 2012, ANA New Sky Hotel Kumamoto (Poster Award)
  26. 渡邉研右、河田みなみ、川合佑典、池中良徳、石塚真由美, 鳥類異物代謝における重要なCYP分子種の特定とその種差の解明、第39回日本毒性学会学術年会、2012年7月17-20日、宮城県仙台国際センター(優秀研究発表賞)
  27. Shouta M.M. Nakayama, Yoshinori Ikenaka, Kaampwe Muzandu, Kennedy Choongo, John Yabe, Taro Muroya, Takashi Umemura, Mayumi Ishizuka, Metal concentration and stable isotope ratio analysis (d13C and d15N) in water, sediment and fish from Lake Itezhi-tezhi, Zambia. 第20回環境化学討論会, 2011年7月17日, 熊本県立大学、熊本(優秀学生賞)
  28. 上田春樹、中山翔太、池中良徳、石塚真由美、Elucidation of metabolic pathway of PAHs in amphibians: The unique phase II reaction and its species specificity observed in amphibians. 第37回 日本トキシコロジー学会学術年会 2010年6月16日、沖縄コンベンションセンター、沖縄(優秀研究発表賞)
  29. 酒井紀彰、斉藤愛、坂本健太郎、石塚真由美、藤田正一、ラットにおけるCYP2D2, 2D3依存の薬物代謝酵素活性の系統差及び個体差 ~2つの異なる遺伝子変異の影響~、第145回日本獣医学会学術集会、2008年3月28日~30日、麻布大学、神奈川(平成20年度 獣医学奨励賞)

↑ページ上部に戻る

各種受賞

  1. 石井千尋、2017年度日本野生動物医学会奨励賞(2017年9月2日)野鳥保全に向けた環境化学物質の影響評価と新規腎障害マーカーの探索
  2. Wageh Sobhy Darwish、The Encouragement Award、ザガジック大学(2017年5月)
  3. 石塚真由美、日本ソロプチミスト・女性研究者賞(2015年11月)アフリカにおけるケミカルハザード問題の克服にむけて~ヒトと動物のOne Healthを目指して~
  4. 石塚真由美、北海道大学研究総長賞・優秀賞(2015年3月)
  5. 石塚真由美、科学技術分野の文部科学大臣表彰・若手科学者賞(2009年4月)、野生動物のシトクロムP450と汚染環境適応能力解明の研究
  6. 石塚真由美、日本毒性学会・日本トキシコロジー学会奨励賞(2007年7月)、野生生物のシトクロムP450と汚染環境への適応機構に関する研究
  7. 石塚真由美、農学会・日本農学進歩賞(2007年11月)、環境化学物質が野生動物に引き起こす毒性と適応
  8. 中山翔太、第2回(平成23年度)日本学術振興会育志賞(2012年3月)、アフリカの野生生物における環境汚染物質の毒性影響評価
  9. 大野円実、平成24年度 北海道大学大塚賞(2013年3月)

↑ページ上部に戻る